スポンサードリンク

ちばてつやのプロフィール!生い立ちと経歴も紹介

ちばてつやのプロフィール

ちばてつやのプロフィール

名前:千葉 徹彌(ちば てつや)
生年月日:1939年1月11日
出身地:東京都
職業:漫画家

ちばてつやは「あしたのジョー」で知られる漫画家

ちばてつやは「あしたのジョー」で知られる漫画家

ちばてつやはボクシング漫画「あしたのジョー」で知られる漫画家。同作品は「週刊少年マガジン」にて1968年1月1日号から1973年5月13日号にかけて連載され、単行本の累計発行部数は2500万部を超えています。

現在はその功績が認められ、「紫綬褒章」や「旭日小綬章」といった勲章も受賞しています。2012年から2018年まで「日本漫画家協会理事長」も務めていました。

【公式】あしたのジョー 第1話「あれが野獣の眼だ!」”Tomorrow’s Joe 1” EP01(1970) - YouTube

出典:YouTube

現在は「文星芸術大学」の学長

現在は「文星芸術大学」の学長

ちばてつやは2019年4月から「文星芸術大学」の学長を務めていて、芸術の分野全般で活躍しています。彼は同大学が2005年に開設した美術学部マンガ専攻で教授を務めていて、当時は教授として漫画に関する講義も行っていました。

今後は漫画を含め、様々な日本の芸術文化を発信できる若者の育成を目指していて、海外からの留学生も積極的に受け入れているのだそうです。

ちばてつやの生い立ちと経歴について

ちばてつやの生い立ちと経歴①~幼い頃は中国で育った

ちばてつやの生い立ちと経歴①~幼い頃は中国で育った

ちばてつやは日本の東京に生まれ、すぐに家族で日本から朝鮮半島へと移り、2歳のときに満州へ渡ります。彼は当時から絵を描くことが大好きだったようで、この頃は紙の切れ端が落書き帳だったのだとか。

その後、中国で終戦を迎え、暴動や略奪が相次ぐ現地で中国人一家に匿われながら生活を送り、1946年に家族で日本に引き揚げることとなりました。

ちばてつやの生い立ちと経歴②~日本に帰ってからは漫画にドはまり

ちばてつやの生い立ちと経歴②~日本に帰ってからは漫画にドはまり

ちばてつやは日本へ帰国したあと、たまたま道端に落ちていた豆本で初めて漫画を読み、その面白さにのめり込むようになります。当時は親が漫画を禁止していたようで、友達の家でこっそり読んでいたのだとか。

また、このときも頻繁に絵を描いて遊んでいたようで、それを見た友達から誘われ、小学生ながら同人誌「漫画クラブ」に参加することとなります。

ちばてつやの生い立ちと経歴③~高校生から漫画を描き始めた

ちばてつやの生い立ちと経歴③~高校生から漫画を描き始めた

ちばてつやは高校生になると新聞の広告欄で漫画家募集を見つけ、日昭書店に応募します。その後、当時の社長からプロの生原稿を見せられ、道具の使い方を教えられます。

そして、「描いてこい」と言われたのをきっかけに漫画を描き始め、毎回20~30ページの原稿を出版社に持ち込んでいたのだそうです。

ちばてつやの生い立ちと経歴④~17歳にして漫画家デビュー

ちばてつやの生い立ちと経歴④~17歳にして漫画家デビュー

ちばてつやは出版社の社長の一言で漫画を描き始めましたが、当時は「テスト」だと思い込んでいたようです。ですが、最後の原稿を持ち込んだときにいきなり当時の大卒初任給を超える「1万2351円」を原稿料として受け取り、このとき執筆した「復讐のせむし男」は1956年に出版されることに。

これにより彼は17歳にして漫画家デビューを果たすこととなり、以降は高校に通いながら漫画の執筆を続けることとなりました。

ちばてつやの生い立ちと経歴⑤~高校卒業前から本格的に漫画家として活動

ちばてつやの生い立ちと経歴⑤~高校卒業前から本格的に漫画家として活動

ちばてつやは高校卒業前に講談社の「少女クラブ」編集部を訪れた際、自身の原稿を見せたことで読み切り作品を依頼され執筆。その後は「少女ブック」からも読み切りを依頼され「舞踏会の少女」を描き、これが雑誌デビュー作品となります。

これにより彼は漫画家として本格的な活動が始まり、「少女クラブ」と「少女ブック」でそれぞれ新たな漫画の連載がスタートしました。

ちばてつやの生い立ちと経歴⑥~週刊少年マガジンで漫画家としてブレイク

ちばてつやの生い立ちと経歴⑥~週刊少年マガジンで漫画家としてブレイク

ちばてつやは1961年から「週刊少年マガジン」にて野球漫画「ちかいの魔球」の連載をスタート。ここから少年漫画を描くようになり、以降は「魚屋チャンピオン」、「紫電改のタカ」といった話題作を描き、1965年には「ハリスの旋風」がテレビアニメ化され、漫画家として絶大な人気を集めるようになりました。

ちばてつやの生い立ちと経歴⑦~「あしたのジョー」が社会現象になるほどの大ヒット

ちばてつやの生い立ちと経歴⑦~「あしたのジョー」が社会現象になるほどの大ヒット

ちばてつやは1968年に作家の高森朝雄とタッグを組み、漫画「あしたのジョー」の連載をスタート。元々人気を集めていた漫画家ということもあり、すぐに同作品は爆発的なヒットとなります。

このときは週刊少年マガジンの発行部数は異常なほど伸びたようで、1970年からはテレビアニメの放映もスタートしました。ちなみに登場キャラクターの力石徹が死亡した際には漫画史上初めてキャラクターの葬儀が執り行われました。

ちばてつやの生い立ちとプロフィール⑧~その後もスポーツ漫画で人気を集めた

ちばてつやの生い立ちとプロフィール⑧~その後もスポーツ漫画で人気を集めた

「あしたのジョー」の大ヒットで漫画家としてブレイクしたちばてつやはその後も「のたり松太郎」や「あした天気になあれ」といったスポーツ漫画を描き、どの作品も大きな人気を集めました。

この功績から講談社は漫画新人賞として「ちばてつや賞」を設立し、1980年から現在まで年2回開催される漫画家の登竜門となっています。

ちばてつやの生い立ちと経歴⑨~病気で執筆活動を休止

ちばてつやの生い立ちと経歴⑨~病気で執筆活動を休止

ちばてつやは1992年から連載していた「少年よラケットを抱け」の執筆中に心臓疾患と網膜剥離で入院することに。これをきっかけに彼の身を案じた妻からスタッフは解散することとなり、同作品は1994年に連載終了となってしまいました。

これ以降彼は長期連載をすることを辞め、漫画家として第一線からは退き、「日本漫画家協会」や「文星芸術大学」で若手を育てる活動を始めました。

ちばてつやの実家の家族!父親と母親、兄弟を紹介

ちばてつやの実家の家族は6人

ちばてつやの実家の家族は6人

ちばてつやの実家は6人家族で、父親と母親、そして4人兄弟の長男として彼は生まれました。幼少期は家族で満州で暮らし、終戦を機に日本へ帰国しました。

帰国するまでの間、彼の実家は中国人から窓ガラスを割られるなどしていたようで、ドンドン過激になる日本人への暴動から逃れるため、中国を脱して日本へ帰国しました。

自身の壮絶な半生を漫画にしている

自身の壮絶な半生を漫画にしている

ちばてつやは自身の半生を漫画「ひねもすのたり日記」で描いていて、満州時代の過酷な生い立ちもしっかり描かれています。この漫画では自身の家族についても描いていて、当時は家族で社宅に暮らし、終戦後は中国人に匿ってもらって難を逃れたのだとか。

ちなみに終戦後満州から帰国するのに約1年ほどかかったようで、不思議な縁や運に助けられ、家族全員が無事に帰国できたのだそうです。

ちばてつやの家族!父親と母親は本好きで、兄弟は全員漫画家?

父親は印刷会社勤務の会社員

父親は印刷会社勤務の会社員

ちばてつやの父親は印刷会社に勤務していた会社員で、元々は出版社の「主婦の友社」に勤めていて、そこで母親と出会ったのだそうです。彼の父親はとても人柄がよく、終戦後に満州で暴動が起こったときには中国人から助けられるほど愛された存在だったのだとか。帰国してからは一時父親の故郷である千葉県で暮らし、その後に家族で東京へ移ったのだそうです。ちなみに彼の父親は昔から本が大好きな少年だったようで、それをきっかけに出版社へ就職したのだそうです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

麻生周一の嫁はでんぱ組.inc古川未鈴!結婚と子供まとめ

「斉木楠雄のΨ難」の作者・麻生周一と、嫁でありアイドルグループ「でんぱ組.inc」のメンバー・古川未鈴の結婚…

Luccy / 1474 view

ワンピースのイケメン男性キャラクターランキング26選【最新版】

大人気漫画「ワンピース(ONE`PIECE)」の深く練り込まれた壮大な世界観・巧緻な設定のストーリーを支えて…

maru._.wanwan / 6648 view

るろうに剣心・人気登場キャラの強さランキング42選【2021最新版】

和月伸宏原作の「るろうに剣心」は、根強い人気を誇る漫画・アニメです。人気の裏には強くてかっこいいキュラクター…

maru._.wanwan / 2319 view

東京喰種の人気最強キャラ強さランキングTOP52【最新版】

「週刊ヤングジャンプ」で連載された名作コミックであり、テレビアニメ版、実写映画版も話題を呼んだ「東京喰種 ト…

kent.n / 1374 view

やしろあずきの母と父など家族!生い立ちや中二病エピソードもまとめ

やしろあずきさんは、さまざまネタをユニークに表現している個性的な天才漫画家。今回の記事では、やしろあずきさん…

kent.n / 3328 view

荒川弘の漫画作品おすすめランキング!本名や年収なども総まとめ【最新決定版】

「鋼の錬金術師」の大ヒットで一躍ブレイクした漫画家の荒川弘。鋼の錬金術師以外にも様々な作品を手掛けていて、他…

aquanaut369 / 1607 view

あんさんぶるスターズのキャラ人気ランキング55選!あんスタ登場人物を紹介【最新決定版…

アイドルを育成する大人気ゲームであり、テレビアニメ化も果たしている「あんさんぶるスターズ!」。今回は、「あん…

kent.n / 6484 view

ジャンプ打ち切り漫画の歴代人気ランキング60選【最新版】

少年漫画雑誌の中でも飛び抜けて人気がある週刊少年ジャンプ。しかし、連載作品の中でも惜しまれながらも打ち切りに…

maru._.wanwan / 8053 view

”早稲田ちえ”の現在!漫画の代表作・病気や引退の噂まとめ

1990年代に大活躍されていた漫画家の早稲田ちえさん。これまでに様々な作品を発表してきた早稲田ちえさんの漫画…

ririto / 3203 view

さいとう・たかを(ゴルゴ13作者)の嫁と子供(娘)!結婚歴と離婚歴まとめ

「ゴルゴ13」などの作品で知られる漫画家のさいとう・たかをは意外にも結婚歴と離婚歴が多いことで知られていて、…

aquanaut369 / 332 view

東京卍リベンジャーズの登場キャラ身長ランキング25選!プロフィールも紹介

週刊少年マガジンにて絶賛連載中の「東京卍リベンジャーズ」。同作品には高身長キャラクターが大勢登場していて、誰…

aquanaut369 / 5314 view

葦原大介の現在の病状は?病気と休載理由まとめ【ワールドトリガーの作者】

大人気漫画「ワールドトリガー」の作者として知られている葦原大介は病気による休載が多く、現在は月刊誌のジャンプ…

aquanaut369 / 161 view

進撃の巨人の人気キャラランキングTOP25【最新決定版】

「進撃の巨人」のキャラクターを人気ランキングにまとめました。人気投票のランキング結果をもとに、累計票数で順位…

Luccy / 3085 view

テニスの王子様の人気登場キャラ強さランキングTOP72【最新版】

それぞれ個性豊かな特徴や必殺技を持ち合わせた、たくさんのキャラクターが登場するテニスの王子様。テニスファンに…

maru._.wanwan / 1460 view

東京卍リベンジャーズのイケメン男性キャラランキング18選!各キャラクターのプロフィー…

週刊少年マガジンにて連載されている人気漫画の「東京卍リベンジャーズ」。同作品には数多くの男性キャラクターが登…

aquanaut369 / 9099 view

河本ほむらの顔や本名と年齢・出身大学など学歴!京大や東大卒業の噂・司法試験の話題もま…

人気アニメ『賭ケグルイ』の作者として知られている河本ほむらさんですが、プロフィールや学歴など謎に包まれていま…

sumichel / 1775 view

ちばてつやの嫁と子供(息子/娘)とは?結婚と自宅まとめ

漫画「あしたのジョー」の作者・ちばてつやの結婚についてまとめました。アシスタントだったと噂の嫁の情報、嫁との…

Luccy / 34 view

かやはるかの死因は膵臓癌!本名や年齢と顔写真などプロフィール・作品・死去の話題を総ま…

漫画『魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~』の作画者である“かやはるか…

sumichel / 708 view

やなせたかしの戦争体験と人柄エピソード!アンパンマンは戦争体験から生まれた

今や国民的人気キャラクターとなった、異色のヒーロー「アンパンマン」の生みの親として知られる漫画家のやなせたか…

passpi / 96 view

キングダムの男性キャラ22選!イケメン人気ランキング【最新決定版】

週刊ヤングジャンプで連載されている原泰久さんの人気コミック「キングダム」は、かっこいい男性キャラクターの活躍…

kent.n / 1566 view

スポンサードリンク

この記事を書いたライター

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

あんさんぶるスターズのキャラ人気ランキング55選!あんスタ登場人物を紹介【最新決定版…

アイドルを育成する大人気ゲームであり、テレビアニメ化も果たしている「あんさんぶるスターズ!」。今回は、「あん…

kent.n / 6484 view

荒川弘の漫画作品おすすめランキング!本名や年収なども総まとめ【最新決定版】

「鋼の錬金術師」の大ヒットで一躍ブレイクした漫画家の荒川弘。鋼の錬金術師以外にも様々な作品を手掛けていて、他…

aquanaut369 / 1607 view

出水ぽすかの顔写真と性別・大学・本名と年齢!プロフィールを総まとめ

「約束のネバーランド」で作画を担当している出水ぽすか。同作品のヒットによって注目を集まり、現在は本名や年齢、…

aquanaut369 / 2249 view

かやはるかの死因は膵臓癌!本名や年齢と顔写真などプロフィール・作品・死去の話題を総ま…

漫画『魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~』の作画者である“かやはるか…

sumichel / 708 view

呪術廻戦のかわいい女性キャラランキングTOP12【最新決定版】

戦う女性が多く登場することでも知られている呪術廻戦。登場する女性には「かわいい」キャラクターが多く、強くて綺…

aquanaut369 / 3554 view

岸本斉史(ナルト作者)の大学は?生い立ち・家族・学歴まとめ

「NARUTO -ナルト-」の作者として知られる漫画家・岸本斉史の生い立ちや家族、高校・大学などの学歴をまと…

Luccy / 2577 view

東京喰種の人気最強キャラ強さランキングTOP52【最新版】

「週刊ヤングジャンプ」で連載された名作コミックであり、テレビアニメ版、実写映画版も話題を呼んだ「東京喰種 ト…

kent.n / 1374 view

キングダムの嫌いなキャラクターランキング22選【2021最新決定版】

人気漫画キングダムに登場する数あるキャラクターの中から、特に嫌われているキャラクター22人を厳選し、「キング…

passpi / 1890 view

呪術廻戦のイケメン男性キャラランキング13選!一番かっこいいキャラクターは誰だ【最新…

週刊少年ジャンプにて大きな人気を集めている呪術廻戦。テレビアニメも放映されていて、その人気は留まることを知り…

aquanaut369 / 1358 view

荒川弘の顔は美人?実家と家族・結婚した夫や子供も総まとめ【鋼の錬金術師・銀の匙の作者…

『鋼の錬金術師』や『銀の匙 Silver Spoon』で知られている漫画家・荒川弘さんですが、顔が美人だと話…

sumichel / 4454 view

奥浩哉(GANTZ作者)の漫画作品7選!人気おすすめランキング【最新決定版】

「GANTZ」などを代表作品にもち、非常に特徴的なタッチが持ち味である奥浩哉は、暴力や性的描写、世間ではタブ…

maru._.wanwan / 375 view

鬼滅の刃の男性キャラのイケメンランキング15選【最新版】

爆発的なヒットを飛ばしてもはや社会現象にもなっている「鬼滅の刃」。これから「鬼滅の刃」を読んでみようと思って…

maru._.wanwan / 2510 view

鋼の錬金術師の人気キャラクター40選!強さランキング【最新版】

2003年版・2009年版と2度アニメ化し、「ハガレン」の愛称で親しまれている「鋼の錬金術師」。今回は、「鋼…

kent.n / 1157 view

和久井健の年齢と性別は?素顔と経歴・家族や結婚・関東連合との関係もまとめ

漫画「新宿スワン」や「東京卍リベンジャーズ」で人気を集めている漫画家の和久井健。彼はその人気から素顔や本名や…

aquanaut369 / 41920 view

るろうに剣心・人気登場キャラの強さランキング42選【2021最新版】

和月伸宏原作の「るろうに剣心」は、根強い人気を誇る漫画・アニメです。人気の裏には強くてかっこいいキュラクター…

maru._.wanwan / 2319 view

ナルトの登場キャラ強さランキング102選【2021最新版】

『NARUTO -ナルト-』は、岸本斉史による日本の漫画作品で、忍同士が派手な戦いを繰り広げるバトルアクショ…

maru._.wanwan / 3022 view

鬼滅の刃のキャラクター強さランキング40選!登場人物最強を公開【最新版】

もはや社会現象ともいえるほどの大ヒットとなっている「鬼滅の刃」。鬼滅の刃の登場人物の強さが議論されていますが…

maru._.wanwan / 1964 view

岸本斉史(ナルト作者)の画力と漫画作品おすすめランキング

人気漫画「NARUTO -ナルト-」の原作者である岸本斉史先生の画力について、他の人気漫画家の評価やネット上…

passpi / 1448 view

ナルトの女性キャラクターかわいいランキングTOP22【最新版】

週刊少年ジャンプで掲載されていた漫画「NARUTO -ナルト-」は国民的人気作品となっていますが、その人気の…

maru._.wanwan / 5139 view

葦原大介の現在の病状は?病気と休載理由まとめ【ワールドトリガーの作者】

大人気漫画「ワールドトリガー」の作者として知られている葦原大介は病気による休載が多く、現在は月刊誌のジャンプ…

aquanaut369 / 161 view

スポンサードリンク

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング