スポンサードリンク

漫画家・星野桂とは

名前:星野 桂(ほしの かつら)
生年月日:1980年4月21日
出身地:滋賀県
血液型:O型

週刊少年ジャンプで連載された人気漫画「D.Gray-man」の作者・星野桂。

高校卒業後にアニメーターとして上京し、アニメ「HUNTER×HUNTER」の動画制作やアニメ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」のイラストデザインを担当した後、2002年に「赤マルジャンプ」掲載の「zone」で漫画家デビューしました。

2004年から「週刊少年ジャンプ」で「D.Gray-man」の連載がスタート。人気作品に成長したDグレはアニメ化・ゲーム化もされ、星野桂の代表作となりました。

星野桂の代表作品

漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」の2004年27号から連載された、星野桂の代表作品「D.Gray-man」。

この作品は架空の19世紀末のヨーロッパを舞台に、「機械」「魂」「悲劇」を材料に造り出される兵器「AKUMA(アクマ)」と、AKUMAの製造者で世界終焉を計画する「千年伯爵」、そして世界で唯一AKUMAを破壊できる神の結晶イノセンスに選ばれた「エクソシスト」達が戦うダークファンタジー作品です。

【公式】D.Gray-man 第1話「アクマを狩る少年」 (2006) - YouTube

出典:YouTube

2004年から2009年まで「週刊少年ジャンプ」で連載され、その後「赤マルジャンプ」「ジャンプスクエア」を経て「ジャンプSQ.CROWN」「ジャンプSQ.RISE」に移籍しました。

「D.Gray-man」は連載当初から急速に人気を獲得し、単行本2巻目にして売り上げ100万部を超える記録を達成。
新人作家の売り上げとしては当時最高と言われており、アニメ・ゲーム・小説など様々なメディアミックスを果たしました。

世界各国で発売されるなど海外でも人気が高く、シリーズ累計発行部数は2020年時点で2500万部を突破しています。
現在もイベント開催やグッズ販売が行われるなど、長きにわたって愛され続ける作品です。

星野桂の休載と病気

星野桂は、病気を理由に何度か漫画を休載したことがあります。
2005年11月から年末までの49号〜2006年3号を休載し、その後2006年12号〜26号までを怪我を理由に休載しました。

休載の理由に関しては首を負傷したことが原因だと本人が明かしています。
編集側からも作者を応援するため、休載中に誌上にファンの応援ハガキを掲載する特別コーナーが設けられました。

活動再開した星野桂ですが、2008年末から再び何度か休載するようになり、2009年5月からついに長期休載に入ってしまいます。2009夏号で再開しましたが、この頃は休載と再開を繰り返していました。

そして「ジャンプスクエア」移籍後、2013年2月号を最後に2年半にわたる長期休載をしています。
休載が多い理由について、最初の休載で発表した首の負傷以外に何か病気などの理由があるのではないかと噂されるようになりました。

星野桂の病気とは

休載初期は本人からのコメントにもあったように、首を負傷したことによる休載でした。
デスクワークが主となる漫画家の仕事では首はもちろん腰や手にも負担がかかることが多く、星野桂のように体の不調で休載を選ぶ漫画家も少なくありません。

しかし、度重なる休載により他の理由があるのではないかと話題になり、うつ病などの精神的な病気ではないかと噂する声があがりました。

病気の理由としては星野桂と編集部の間で作品の展開や内容に相違があり、描きたい内容を描かせてもらえなかったという理由から精神的な病気を患ったのではないかと噂されています。

「D.Gray-man」は週刊少年ジャンプのターゲット層である少年達はもちろん、いわゆる腐女子と呼ばれる層にも人気の作品です。
編集部が売上を伸ばすために、作者に腐女子層に寄せた作品作りを意識するように求めたという噂が浮上したのです。

編集部と作者の間にどんな話があったかはわからず、噂は噂でしかありませんが、何かしらの理由で病気を患ってしまい休載に繋がったと言われています。

星野桂の絵柄の変化

星野桂は「D.Gray-man」の連載中に何度か休載と再開を繰り返してきましたが、休載するたびに絵柄が変化していったと話題になっています。

絵柄が変化した時期が病気による休載後とあって、絵が下手になったのかと思いきや星野桂は逆に絵柄のクオリティが上がるタイプの変化を生みました。

絵柄の変化が顕著に出始めたのは単行本21巻あたりからで、休載を経て発売された23巻以降も絵柄が大きく変わっています。
時系列順に絵柄の変化を見ていきましょう。

D.Gray-man連載当初

連載当初、まだシンプルな絵柄でキャラクターにも幼さが残っているように感じます。
デビュー作ではないものの漫画家として初の大ヒット漫画である作品で、このクオリティが出せるのは作者の才能を感じます。

D.Gray-man 10巻

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

奥浩哉(GANTZ作者)の漫画作品7選!人気おすすめランキング【最新決定版】

「GANTZ」などを代表作品にもち、非常に特徴的なタッチが持ち味である奥浩哉は、暴力や性的描写、世間ではタブ…

maru._.wanwan / 470 view

ワンピースのイケメン男性キャラクターランキング26選【最新版】

大人気漫画「ワンピース(ONE`PIECE)」の深く練り込まれた壮大な世界観・巧緻な設定のストーリーを支えて…

maru._.wanwan / 2480 view

佐藤正(漫画家)の現在!燃えるお兄さん事件や消えた説について総まとめ

『燃えるお兄さん』で有名な漫画家・佐藤正さんですが、今ではすっかり名前を聞かず消えたと噂されています。今回は…

sumichel / 1966 view

久保ミツロウの彼氏・結婚!未婚で夫や子供はいない?

「モテキ」「アゲイン!!」で知られる漫画家であり、「久保みねヒャダ」の久保でもある久保ミツロウの彼氏・結婚観…

Luccy / 1304 view

岸本聖史の漫画作品と画力!現在とデビュー当時も比較

大人気漫画「NARUTO -ナルト-」の作者として有名な岸本斉史先生の双子の弟であり、兄と同じく漫画家として…

passpi / 1098 view

木多康昭の休載理由は病気?冨樫義博への対抗?休載の真相まとめ

木多康昭先生の代表作と言えば、2005年より週刊ヤングマガジンで連載中の人気漫画「喧嘩稼業」ですが、同作は1…

passpi / 678 view

うすた京介の嫁は榊健滋!結婚と子供・札幌移住まとめ

「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん」などで知られる漫画家のうすた京介。彼が結婚した嫁の榊健滋は…

aquanaut369 / 828 view

スポンサードリンク

この記事を書いたライター

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

やなせたかしの出身と実家・家族(父親/母親/兄弟)まとめ

「アンパンマン」の生みの親である漫画家・絵本作家のやなせたかし。彼が生まれ育った出身地と実家、家族についてま…

Luccy / 507 view

のむらしんぼの現在!代表作品・年収や離婚を激白したしくじり先生まとめ

「つるピカハゲ丸」で一世を風靡した漫画家の「のむらしんぼ」さん。のむらしんぼさんが「つるピカハゲ丸」以外に発…

ririto / 527 view

増山法恵の死因と現在まで!竹宮惠子との関係・結婚や家族も総まとめ

漫画「変奏曲」の原作者として知られている増山法恵は2021年10月に死去していたことが竹宮惠子のブログで判明…

aquanaut369 / 1277 view

新條まゆの彼氏は木村良平?フライデーや結婚の噂を総まとめ

「快感♥フレーズ」などの作品で知られている漫画家の新條まゆ。過去に声優・木村良平との関係がフライデーに報じら…

aquanaut369 / 425 view

休載の多い漫画家ランキング26選!休載理由も紹介【2022最新版】

世の中には数多くの漫画家が存在しますが、その中には休載が多いことで有名な漫画家も大勢います。今回はそんな休載…

aquanaut369 / 5607 view

チェンソーマンの最強キャラは?強さランキング26選【種族別・最新版】

多くの漫画ファンたちに愛されている人気作品「チェンソーマン」。登場キャラクターたちの中で誰が一番強いのか、今…

kent.n / 148 view

ちばてつやの嫁と子供(息子/娘)とは?結婚と自宅まとめ

漫画「あしたのジョー」の作者・ちばてつやの結婚についてまとめました。アシスタントだったと噂の嫁の情報、嫁との…

Luccy / 507 view

スポンサードリンク

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング