スポンサードリンク

やなせたかしのプロフィール

プロフィール

プロフィール

名前:やなせたかし
本名:柳瀬嵩
生年月日:1919年2月6日
出身地:高知県香美市香北町
職業:漫画家、絵本作家、詩人、作曲家

複雑な家庭環境で育った“やなせたかし

複雑な家庭環境で育った“やなせたかし

東京都で生まれた“やなせたかしさんは、生まれた翌年に父親が上海に転勤になると、その後やなせたかしさんも母親と共に上海に移住するも、その後父親がアモイに転勤になると、やなせたかしさんと母親は父親を残して東京に戻っています。

そんなやなせたかしさんは5歳の時に父親が客死すると、母親と弟と共に高知県高知市に移住するも、その後、母親の再婚を機に父方の伯父に引き取られて育ったのです。

そして伯父の元で暮らした“やなせたかしさんは、伯父の影響もあり中学から絵に興味を持つと、東京高等芸学校図案科に進学したのです。

就職するも、徴兵され戦争へ

就職するも、徴兵され戦争へ

その後、高校を卒業した“やなせたかしさんは、東京田辺製薬(現・田辺三菱製薬)の宣伝部に就職するも、戦争真っ只中だったため徴兵されたのです。

しかし幹部候補生に合格した“やなせたかしさんは暗号班に配属され、一度も敵に向かって銃を撃つことなく終戦を迎えています。

グラフィックデザイナーを経て、漫画家へ

グラフィックデザイナーを経て、漫画家へ

そんな“やなせたかしさんは終戦後、クズ拾いの会社に就職するも漫画家への道が諦めきれず上京すると、三越の宣伝部に入社してグラフィックデザイナーとして活動し、並行して精力的に漫画を描き続けていたのです。

そして『独立漫画派』という漫画集団に所属した“やなせたかしさんは、1953年の34歳の時に漫画家としての収入が給料を上回ったため三越を退職し、漫画家一本への生活へとシフトチェンジしたのです。

しかし漫画やイラストの仕事よりも舞台装置の製作や放送作家、作詞家としての仕事の方が多かった“やなせたかしさんは、1961年に『手のひらを太陽に』を作詞すると、翌1962年にNHK「みんなのうた」で放送され、一躍有名となったのです。

1973年、『アンパンマン』が大ヒット

1973年、『アンパンマン』が大ヒット

そんな“やなせたかしさんは1973年、雑誌『詩とメルヘン』を立ち上げ編集長を務めると、1969年に発表したアンパンマンを子供向けに改作し一冊の本として発表し大ヒットしたのです。

そして1988年にアニメ化されて『それいけ!アンパンマン』が放送されると爆発的な人気番組となり、やなせたかしさんは漫画家として大ブレイクしたのです。

2013年、やなせたかしが死去!

やなせたかしの死因は?

2013年、94歳で死去

2013年、94歳で死去

1973年にアンパンマンを出版しブレイクした“やなせたかしさんは、発表から40年後の2013年に94歳で亡くなっています。

死因は“心不全”

死因は“心不全”

そんな“やなせたかしさんは、同年8月から体調を崩し入院しており、亡くなる前日の夜まで元気だったものの、その後心電図に乱れが生じ『心不全』により亡くなったと言います。

スポンサードリンク
「アンパンマン」シリーズの原作者で漫画家のやなせたかしさん(本名・柳瀬嵩=やなせ・たかし)が13日午前3時8分、心不全のため東京都文京区の順大病院で亡くなった。94歳だった。

晩年は病気との闘いだった

『病気の総合商社』と自称

『病気の総合商社』と自称

こうして94歳で死去した“やなせたかしさんはアンパンマンがヒットした時すでに54歳で、この頃からすでに体調は思わしくなかったのです。

そんな“やなせたかしさんは『病気の総合商社』と自称するほど病気と手術を繰り返しており、これまでに白内障、緑内障、糖尿病、心臓病、腸閉塞、ヘルニア、ぼうこう炎、腎臓がん、ぼうこう癌を患い、ぼうこう癌は10回以上も再発していたようです。

しかも“やなせたかしさんは近年は抗がん剤治療も行わず、スタッフには治ったと言っていたものの、実は肝臓にも癌が転移しており、高齢だったこともあり本人には告知していなかったそうです。

「病気の総合商社」と自称するほど病気と手術を繰り返し、白内障、緑内障、糖尿病、心臓病、腸閉塞、ヘルニア、ぼうこう炎、腎臓がん、ぼうこうがんを患った。抗がん剤の投与を望まずも、スタッフには2、3年前に「ぼうこうがんは治ったんだよ」と胸を張っていたが、実は肝臓に転移していた。本人には告知されていなかったという。

やなせたかしの墓や命日は?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

奥浩哉と嫁の馴れ初めと結婚・子供を総まとめ【GANTZ作者】

「GANTZ」や「いぬやしき」といった作品で知られている漫画家の奥浩哉。彼はネットで嫁の存在が話題になってい…

aquanaut369 / 251 view

槙ようこ(漫画家)の現在!引退理由や結婚の噂などを総まとめ

『きらめきのライオンボーイ』など数々の作品で知られている漫画家の槙ようこさんですが、2019年7月に引退を発…

sumichel / 537 view

一条ゆかりの現在!漫画の代表作・結婚と離婚・病気まとめ

一条ゆかりさんといえば、少女漫画界における大御所中の大御所さんです。今回は、一条ゆかりさんの華麗なる経歴や漫…

ririto / 159 view

宮部キウイの死去と死因!性別や本名・年齢・結婚・漫画の代表作品もまとめ

成人向け漫画家として人気を集めていた宮部キウイ。2022年1月に死去したことが出版社から公表され、漫画代表作…

aquanaut369 / 525 view

相沢友子の出身大学や高校!学歴と経歴・若い頃やアイドル時代まとめ

脚本家として注目を集めている相沢友子。長年に渡って脚本家を務めていますが、一体どのような経歴の持ち主なのでし…

aquanaut369 / 294 view

和久井健の年齢と性別は?素顔と経歴・家族や結婚・関東連合との関係もまとめ

漫画「新宿スワン」や「東京卍リベンジャーズ」で人気を集めている漫画家の和久井健。彼はその人気から素顔や本名や…

aquanaut369 / 406 view

鳴見なるの顔は美人?本名や年齢・素顔・現在や結婚情報まとめ【ラーメン大好き小泉さん】

「ラーメン大好き小泉さん」などの作品で知られている漫画家の鳴見なる。素性が謎に包まれた人物で、本名や年齢、性…

aquanaut369 / 134 view

スポンサードリンク

この記事を書いたライター

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

吾峠呼世晴(鬼滅の刃/作者)の経歴!奈須きのこ・高橋留美子との関係もまとめ

累計発行部数6000万部の大ヒットを飛ばした漫画「鬼滅の刃」の作者である吾峠呼世晴は、謎に包まれたまま連載終…

Lstyle / 123 view

やしろあずきの顔はイケメン?本名や年齢・身長を総まとめ

Web漫画家として人気を集めているやしろあずき。彼はネットで「顔がイケメン」だと話題になっていて、本名や年齢…

aquanaut369 / 32 view

原泰久(キングダム作者)の年収!自宅や過去の作品も総まとめ

アニメ化や実写映画化もされた漫画「キングダム」の作者・原泰久。キングダムのヒットを受けてかなりの年収を得てい…

aquanaut369 / 84 view

うすた京介の現在!最新の仕事と年収まとめ

ギャグ漫画「ピューと吹く!ジャガー」の作者として知られる漫画家・うすた京介の現在をまとめました。現在の活動や…

Luccy / 210 view

安野モヨコはエヴァ「マリ」のモデル?若い頃の画像や似てる説まとめ

かねてより庵野秀明監督の嫁である漫画家の安野モヨコ先生が、「シン・エヴァンゲリオン」シリーズから登場する新キ…

passpi / 119 view

呪術廻戦のかわいい女性キャラランキングTOP20【最新決定版】

戦う女性が多く登場することでも知られている呪術廻戦。登場する女性には「かわいい」キャラクターが多く、強くて綺…

aquanaut369 / 197 view

芦原妃名子の結婚や旦那は?父親と母親など家族も総まとめ

2024年1月に死去した漫画家の芦原妃名子。一体どのような家庭で生まれ育ち、結婚はしていたのでしょうか?今回…

aquanaut369 / 1691 view

スポンサードリンク

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング